「忘れられる権利」が初めて裁判所により認められました。

平成28年2月28日付の東京新聞によれば、

インターネット検索サイト「グーグル」の検索結果から、自身の逮捕に関する記事の削除を男性が求めた仮処分申し立てで、さいたま地裁(小林久起(ひさき)裁判長)が「犯罪の性質にもよるが、ある程度の期間の経過後は、過去の犯罪を社会から『忘れられる権利』がある」と判断し、削除を認める決定を出していたことが分かった。

ということです。

 

判断したのは、さいたま地裁で、仮処分決定の日は、平成27年12月22日。

報道されるまで時間がかかった理由は定かではありませんが、保全事件の手続は非公開ですので、当事者が発表しない限り知る由はありません。

本案がさいたま地裁に係属しているということですから、そこから報道機関が知るところとなり、代理人を通じて情報提供を受けたのかも知れません。

 

決定文が公開されているわけではありませんが、報道によれば、問題となったは、男性の児童買春・ポルノ禁止法違反での逮捕歴。

犯罪歴の削除は、逮捕直後は認められないとしても、どの程度経過すれば削除しうるのかというのも一つの論点でした。

この点については、公訴時効期間が経過すれば、削除請求が認められるという意見もありました。

(公訴時効とは、犯罪後一定期間が経過することにより刑事訴追が許されなくなる制度です。)

今回の事件は、逮捕から3年を経過していたとのこと、逮捕の被疑事実の具体的な適用条文までは明らかになっていませんが、主な児童買春・ポルノ禁止法違反の時効期間は3年から5年ですので、逮捕時(報道時)から時効期間が経過したというのがひとつの目安になったのかもしれません。

ただ、決定文は公開されていませんし、報道でも裁判官がそのような判示をしたとは記載されていませんので、推測に過ぎません。

具体的にどの程度の期間が経過すれば、削除しうるかは、事案の集積を待つしかなさそうです。

歴史的に価値があったり、公人の犯罪歴であったりする場合は、そもそも削除を認めて良いのか、認めるとしても公訴時効期間を基準として良いのか、検討すべきことは多々ありますので、公訴時効期間は別の要素の検討が必要でしょう。

単に犯罪の時効期間が経過すれば、忘れられる権利によって、削除請求が認められるということになるとは思えません。

いずれにせよ、一般人が法定刑の長期5年以下の犯罪を犯した場合に参考になりますし、忘れられる権利を認めた点で意義がある決定です。

(なお、公訴時効期間が3年となる主な犯罪は、名誉毀損、暴行罪等があります。)

今後の本案判決から目が離せません。

適用条文 児童買春・ポルノ禁止法の法定刑 時効期間

刑訴法250条2項

児童買春

(同法4条)

5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金 5年
児童ポルノ所持

(同条7条1項)

1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金 3年
児童ポルノ提供

(同7条2項)

3年以下の懲役又は300万円以下の罰金 3年

 

※ 削除請求について参考になるページはこちら。

 

 

Photo by midorisyu

 

このサイトを開設した目的


初めまして。松坂と申します。当職が、初回相談・メール相談〜事件解決まで、他の弁護士に交代することなく、最後まで責任を持って担当しています。

問題解決までの流れ

解決までの流れ概要アイコン

弁護士費用のご説明

icon_149550_256
現在、初回相談料30分無料です。
詳しくは↑をクリック。


Twitter でフォロー

問合せ・初回相談予約

クリックで通話 Entypo pictograms by Daniel Bruce ワンクリックで電話092-518-7751

電話受付時間 
平日・日祝
08:30〜20:00



事務所の場所・面談までの流れ・費用・ 疑問に思われていることなど、事務局が丁寧にお答え致します。現在、初回相談料30分無料です。


無料メール相談申込





無料メール相談はこちらまで




アクセス



地下鉄空港線赤坂駅4番出口徒歩1分の新日本ビル(1階にスターバックス、ドラッグイレブン、NTTドコモが入居しているビル)の8階です。


アクセスの詳細はこちら






ご案内

※ 当サイトは、弁護士松坂典洋個人が運営するものですので、所属事務所の見解とは一切関係ありません。

※ 弁護士は法律で守秘義務を負っており、当サイトで紹介する解決事例について、依頼者や事件を大幅に改定しており、実際の事件とは関係なく、全く異なるフィクションとして作成していますので、今まで依頼して下さった方がお読みになっても、自分のケースでは?と不快に思うような記述は一切ありませんのでご安心ください。
ページ上部へ戻る