著名なプロボクサーに関するブログ記事に300万円の損害賠償が命じられた事件

著名なプロボクサーの兄弟が、「日本ボクシングコミッション職員に対し暴行や恫喝を行った」などの記事をブログに掲載したフリーライターに対し2000万円の損害賠償を請求していた事件で、東京地裁は、「ブログの内容は真実とは言えず、裏付け取材も10分と認められない」 などとして300万円の損害賠償命じたそうです(時事通信社)。

ウォール・ストリート・ジャーナル

 

ブログがフリーライター個人が運営していたブログなのか、大手メディアが運営する寄稿サイトなのか定かではありません。大手マスメディアによる報道ではなく、個人が運営するブログの記事について、300万円の損害賠償が命じられたとすれば、どのような事情を重視して、比較的高額な損害賠償が命じられたのか興味深いです。

 

判決文を見なければわかりませんが、ブログの閲覧者数が非常に多かった、著名なボクサーであったため、記事による社会的影響が大きく、結果として経済的に大きな損害を与えたという面も考慮されたのかもしれません。

 

photo by Andreshiro

このサイトを開設した目的


初めまして。松坂と申します。当職が、初回相談・メール相談〜事件解決まで、他の弁護士に交代することなく、最後まで責任を持って担当しています。

問題解決までの流れ

解決までの流れ概要アイコン

弁護士費用のご説明

icon_149550_256
現在、初回相談料30分無料です。
詳しくは↑をクリック。


Twitter でフォロー

お問合せ

クリックで通話 Entypo pictograms by Daniel Bruce ワンクリックで電話092-753-8035


電話受付時間 
平日
09:00〜17:00



事務所の場所・面談までの流れ・費用・ 疑問に思われていることなど、事務局が丁寧にお答え致します。現在、初回相談料30分無料です。


お問い合わせ24時間受付





メールでの相談申込はこちらまで




アクセス



西鉄大牟田線薬院駅・地下鉄七隈線薬院駅から徒歩4分


アクセスの詳細はこちら






ご案内



※ 弁護士は法律で守秘義務を負っており、当サイトで紹介する解決事例について、依頼者や事件を大幅に改定しており、実際の事件とは関係なく、全く異なるフィクションとして作成していますので、今まで依頼して下さった方がお読みになっても、自分のケースでは?と不快に思うような記述は一切ありませんのでご安心ください。
ページ上部へ戻る