「プライバシー侵害」 よくある質問

Q プライバシーとはなんですか。

私生活をみだりに公開されないという法的保障ないし権利と言われています。

裁判では次の要件を充たすかどうかで判断されます。
① 私生活上の事実または私生活上の事実らしく受け取られるおそれのあるごとがらであること

② 一般人の感受性を基準にして当該私人の立場に立った場合、公開を欲しないであろうと認められることがらであること、換言すれば、一般人の感覚を基準として公開されることによって心理的な負担、不安を覚えるであろうと認められるごとがらであること

③ 一般の人々にまだ知られていないことがらであること

④ 公開によって当該私人が実際に深い不安の念を覚えたこと
(「宴のあと」事件、東京地裁昭和39年9月28日判決、判例タイムズ165号584頁)

 

 

④については、プライバシを主張する人にとってはいわば当然ですのであまり気にする必要はありません。重要なのは① ② ③です。

 

 

Q どのような場合にプライバシー侵害が認められるのですか。

プライバシーを公表されない法的利益とこれを公表する理由比較考量し、前者が後者に優越する場合にプライバシー侵害が認められることになります。

(最高裁平成15年3月14日判決民集57巻35号229頁、判例タイムズ1126号97頁)

 

Q 具体的にはどのような場合にプライバシー侵害が認められていますか。

裁判例では、次のような場合にプライバシー侵害が認められています。
① 前科前歴を公開した場合
② 病気や病歴に関する情報を公開した場合
③ 手紙などを公開した場合
④ 氏名、住所及び電話番号を公開した場合
⑤ 収入及び家計を公開した場合
⑥ どんな購入したか、どんな本を読んでいるか、どんな講演会に参加したか、どんな政治活動に参加しているかなどの情報を公開した場合

 

 

photo by Perspecsys Photos

このサイトを開設した目的


初めまして。松坂と申します。当職が、初回相談・メール相談〜事件解決まで、他の弁護士に交代することなく、最後まで責任を持って担当しています。

問題解決までの流れ

解決までの流れ概要アイコン

弁護士費用のご説明

icon_149550_256
現在、初回相談料30分無料です。
詳しくは↑をクリック。


Twitter でフォロー

問合せ・初回相談予約

クリックで通話 Entypo pictograms by Daniel Bruce ワンクリックで電話092-518-7751

電話受付時間 
平日・日祝
08:30〜20:00



事務所の場所・面談までの流れ・費用・ 疑問に思われていることなど、事務局が丁寧にお答え致します。現在、初回相談料30分無料です。


無料メール相談申込





無料メール相談はこちらまで




アクセス



地下鉄空港線赤坂駅4番出口徒歩1分の新日本ビル(1階にスターバックス、ドラッグイレブン、NTTドコモが入居しているビル)の8階です。


アクセスの詳細はこちら






ご案内

※ 当サイトは、弁護士松坂典洋個人が運営するものですので、所属事務所の見解とは一切関係ありません。

※ 弁護士は法律で守秘義務を負っており、当サイトで紹介する解決事例について、依頼者や事件を大幅に改定しており、実際の事件とは関係なく、全く異なるフィクションとして作成していますので、今まで依頼して下さった方がお読みになっても、自分のケースでは?と不快に思うような記述は一切ありませんのでご安心ください。
ページ上部へ戻る